タグ「aicache」が付けられているもの

aiCacheのユニークな機能

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

aiCache: Web Application Acceleration
aiCacheのユニークな機能をまとめます。

・HTTPSターミネーション
・モバイル端末対応(リダイレクト、リクエスト書き換え・TTL変更など)
・GSLB対応(Dyn.com連携)
・レスポンスによるキャッシュ削除
・セッション毎のキャッシュ管理(ログイン中もキャッシュ管理可能)
・POSTリクエストのキャッシング
・指定URLのプリフェッチ

特に「レスポンスによるキャッシュ削除」と「セッション毎のキャッシュ管理」は良いですね。

aiCacheセットアップ on AWS

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

aiCache: Web Application Acceleration
先日に引き続きaiCacheネタ。

今回はセットアップ編。

aiCacheは有償の製品です。価格モデルとしては、パッケージ型ライセンス購入もしくはクラウド(従量課金)型の2種類から選択できるようになってます。

パッケージ型の場合の費用はこちらにあるので詳細は割愛しますが、HTTPSとモバイル向け機能が含まれるEnterprise版は$18,995、QA目的でも定価は$9,995と簡単に導入できる金額ではありません。

クラウド型の課金モデルを選ぶと、Amazon PaymentでaiCacheのサブスクリプション契約($0.71/月)をすればその後は利用料を上乗せされた形での課金方式になり、もちろん時間課金・データ量課金となるため安価に始めることが可能になります。

ということでセットアップしてみましょう。
手順は以下のような形になります。

(0. AWSアカウント作成)←必要があれば
1. aiCache利用申し込み(サブスクリプション契約)
2. aiCache初期設定ファイル作成および設置
3. aiCache AMIによりインスタンス起動

aiCache関連資料

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

先日に引き続きaiCacheネタ。
aiCache: Web Application Acceleration

まだ製品はさわれてませんが、スタディのため資料を読みあさってます。ビデオも多く準備されていて勉強できます。多くのビデオがCEOの顔ドアップでびっくりしますが平易な英語で解説してるので理解しやすいです。

■aiCache Overview

■aiCache in the Cloud 250K

■aiCache site monitor on AWS with Giant Digital

その他のビデオはこちら


ウェブサイト以外で発表資料がないか調べていたら Slideshare に一点ありました。

本日はAWSのパートナー商品を紹介してみます。
aiCache: Web Application Acceleration

今回は、クラウド環境を利用してダイナミックアプリケーションにも対応するキャッシュ製品 aiCache です。aiCacheはAWSおよびRackspaceに対応しており、AWSのSolution Providerのひとつです

Solution Providerでの紹介を読むとアプリケーションサーバーのフロントにaiCacheを入れることで、以下のような効果を得ることができるとあります。

・コスト削減
・アプリケーションをスケール
・システムの安定稼働

(これだけだとすごく普通...)

EC2向けにはAMIが準備されていて、かつ利用料はAWSの従量課金に上乗せする方になってます。
aiCache Pricing