タグ「amazon-ec2」が付けられているもの

EC2の/proc/cpuinfoメモ

  • 投稿日:
  • by

EC2のm1.smallとm1.xlargeのcpuinfo(2013年8月16日時点の私の環境)を調べたのでメモ。

▼m1.small (vCPU:1, ECU:1)

$ cat /proc/cpuinfo
processor : 0
vendor_id : GenuineIntel
cpu family : 6
model : 26
model name : Intel(R) Xeon(R) CPU E5507 @ 2.27GHz
stepping : 5
microcode : 0x11
cpu MHz : 2266.746
cache size : 4096 KB
physical id : 0
siblings : 1
core id : 0
cpu cores : 1
apicid : 0
initial apicid : 16
fdiv_bug : no
hlt_bug : no
f00f_bug : no
coma_bug : no
fpu : yes
fpu_exception : yes
cpuid level : 11
wp : yes
flags : fpu de tsc msr pae cx8 sep cmov pat clflush mmx fxsr sse sse2 ss ht nx constant_tsc up nonstop_tsc pni ssse3 sse4_1 sse4_2 popcnt hypervisor
bogomips : 4533.49
clflush size : 64
cache_alignment : 64
address sizes : 40 bits physical, 48 bits virtual
power management:

▼m1.xlarge (vCPU:4, ECU:8)

$ cat /proc/cpuinfo
processor : 0
vendor_id : GenuineIntel
cpu family : 6
model : 45
model name : Intel(R) Xeon(R) CPU E5-2650 0 @ 2.00GHz
stepping : 7
microcode : 0x70a
cpu MHz : 1799.999
cache size : 20480 KB
physical id : 0
siblings : 4
core id : 0
cpu cores : 1
apicid : 0
initial apicid : 2
fpu : yes
fpu_exception : yes
cpuid level : 13
wp : yes
flags : fpu de tsc msr pae cx8 sep cmov pat clflush mmx fxsr sse sse2 ss ht syscall nx lm constant_tsc rep_good nopl nonstop_tsc pni pclmulqdq ssse3 cx16 pcid sse4_1 sse4_2 x2apic popcnt tsc_deadline_timer aes hypervisor lahf_lm arat epb xsaveopt pln pts dtherm
bogomips : 3599.99
clflush size : 64
cache_alignment : 64
address sizes : 46 bits physical, 48 bits virtual
power management:

processor : 1
vendor_id : GenuineIntel
cpu family : 6
model : 45
model name : Intel(R) Xeon(R) CPU E5-2650 0 @ 2.00GHz
stepping : 7
microcode : 0x70a
cpu MHz : 1799.999
cache size : 20480 KB
physical id : 0
siblings : 4
core id : 0
cpu cores : 1
apicid : 0
initial apicid : 2
fpu : yes
fpu_exception : yes
cpuid level : 13
wp : yes
flags : fpu de tsc msr pae cx8 sep cmov pat clflush mmx fxsr sse sse2 ss ht syscall nx lm constant_tsc rep_good nopl nonstop_tsc pni pclmulqdq ssse3 cx16 pcid sse4_1 sse4_2 x2apic popcnt tsc_deadline_timer aes hypervisor lahf_lm arat epb xsaveopt pln pts dtherm
bogomips : 3599.99
clflush size : 64
cache_alignment : 64
address sizes : 46 bits physical, 48 bits virtual
power management:

processor : 2
vendor_id : GenuineIntel
cpu family : 6
model : 45
model name : Intel(R) Xeon(R) CPU E5-2650 0 @ 2.00GHz
stepping : 7
microcode : 0x70a
cpu MHz : 1799.999
cache size : 20480 KB
physical id : 0
siblings : 4
core id : 0
cpu cores : 1
apicid : 0
initial apicid : 2
fpu : yes
fpu_exception : yes
cpuid level : 13
wp : yes
flags : fpu de tsc msr pae cx8 sep cmov pat clflush mmx fxsr sse sse2 ss ht syscall nx lm constant_tsc rep_good nopl nonstop_tsc pni pclmulqdq ssse3 cx16 pcid sse4_1 sse4_2 x2apic popcnt tsc_deadline_timer aes hypervisor lahf_lm arat epb xsaveopt pln pts dtherm
bogomips : 3599.99
clflush size : 64
cache_alignment : 64
address sizes : 46 bits physical, 48 bits virtual
power management:

processor : 3
vendor_id : GenuineIntel
cpu family : 6
model : 45
model name : Intel(R) Xeon(R) CPU E5-2650 0 @ 2.00GHz
stepping : 7
microcode : 0x70a
cpu MHz : 1799.999
cache size : 20480 KB
physical id : 0
siblings : 4
core id : 0
cpu cores : 1
apicid : 0
initial apicid : 2
fpu : yes
fpu_exception : yes
cpuid level : 13
wp : yes
flags : fpu de tsc msr pae cx8 sep cmov pat clflush mmx fxsr sse sse2 ss ht syscall nx lm constant_tsc rep_good nopl nonstop_tsc pni pclmulqdq ssse3 cx16 pcid sse4_1 sse4_2 x2apic popcnt tsc_deadline_timer aes hypervisor lahf_lm arat epb xsaveopt pln pts dtherm
bogomips : 3599.99
clflush size : 64
cache_alignment : 64
address sizes : 46 bits physical, 48 bits virtual
power management:

以上。

amazon web services logo

ついにやってきましたAWS温泉ハッカソン

自分の考えてきてネタはいくつかあるがChromeアドオン作りたい熱が高まってきたので、Management Consoleの表示の制御をしようと思いつき、「コンソールあるある」の一つ「terminatedなインスタンスがじゃま」を解決するアドオンを書きます。

まずはドットインストールを見るべし!これすばらしいです。ざっと把握できてすぐにコード書こうという気にさせてくれるレッドブル的なコンテンツすばらしい。

Google Chrome拡張機能入門 (全20回) - プログラミングならドットインストール

どんな風に開発するかは後にして、インストールがうまくいくとこのようなボタンが出現します。

Chromeアドオン アイコン

amazon web services logo

つい先日も以下のように発言したのですが、

EC2を起動したり見積もりしたりするときに紹介ページやManagement Consoleなどを行き来しているとインスタンス名/日本語名/英語名+cloudpackでのプラン名間の対応が難しくてイライラすることが何度もありました。

amazon web services logo
CDNを使うのはキャッシュ目的であることがほとんどですが、スムースなアクセスを実現するにはキャッシュする時間を長くすべきです。もし無期限に設定したら1度オリジナルファイルを読めば後はCDNのサーバーまかせにできるので非常に効果的ですね。

しかし実際のサイトを運営していくのは必ずファイル更新作業があり、この同じファイルの更新の場面でCDNが入っていることで問題なります。キャッシュ時間を長くすることと更新を反映させることはCDN使う上では相反する行為だからですね。

世の中ではこうした問題を軽減するための手法がいくつか存在します。その一つがファイル名にバージョンを入れるRevving Filenamesという手法です。

要するに更新があったら「test.1.0.1.jpg」のようにファイル名にバージョン番号などを入れることで違うリソースとして認識させる手法のこと。これ完全に自動化されたデプロイ環境ならいいけど、手動でこれをするのは手間が多すぎしミスも発生しそう。

今回は、仮にHTML生成がアプリだとしてHTML中のパスを変えるのは簡単で、静的ファイルのファイル名を更新管理するのが難しいケースにしぼって、この問題を少しでも軽減すべくCloudFrontとEC2で試してみました。

EC2起動不能からの復旧記録

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

amazon web services logo
先日サーバーメンテナンス時にちょっとした不具合が発生しEC2の起動ができなくなりました。一瞬気が遠くなったのですが(笑)、原因がわかったので無理やり対処した記録です。

他のメンバーからの報告で、再起動しても、AMIから復旧しようとしても起動しない、というか起動しても接続できないとのことだったので、Management Consoleから System Log を確認すると以下のメッセージが。

*** ファイルシステム検査中にエラー
*** シェルに移行します、システムは再起動します。
*** シェルから抜ける時。
Give root password for maintenance
(or type Control-D to continue):

エラー発生しているのはrootボリュームではなくデータ専用ボリュームだったのですが、入力待ち状態のため正常起動せず /etc/fstab すら書き換えられない状態だったのです。

ということで、手順をまとめるとこんな感じ。

aiCacheセットアップ on AWS

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

aiCache: Web Application Acceleration
先日に引き続きaiCacheネタ。

今回はセットアップ編。

aiCacheは有償の製品です。価格モデルとしては、パッケージ型ライセンス購入もしくはクラウド(従量課金)型の2種類から選択できるようになってます。

パッケージ型の場合の費用はこちらにあるので詳細は割愛しますが、HTTPSとモバイル向け機能が含まれるEnterprise版は$18,995、QA目的でも定価は$9,995と簡単に導入できる金額ではありません。

クラウド型の課金モデルを選ぶと、Amazon PaymentでaiCacheのサブスクリプション契約($0.71/月)をすればその後は利用料を上乗せされた形での課金方式になり、もちろん時間課金・データ量課金となるため安価に始めることが可能になります。

ということでセットアップしてみましょう。
手順は以下のような形になります。

(0. AWSアカウント作成)←必要があれば
1. aiCache利用申し込み(サブスクリプション契約)
2. aiCache初期設定ファイル作成および設置
3. aiCache AMIによりインスタンス起動

本日はAWSのパートナー商品を紹介してみます。
aiCache: Web Application Acceleration

今回は、クラウド環境を利用してダイナミックアプリケーションにも対応するキャッシュ製品 aiCache です。aiCacheはAWSおよびRackspaceに対応しており、AWSのSolution Providerのひとつです

Solution Providerでの紹介を読むとアプリケーションサーバーのフロントにaiCacheを入れることで、以下のような効果を得ることができるとあります。

・コスト削減
・アプリケーションをスケール
・システムの安定稼働

(これだけだとすごく普通...)

EC2向けにはAMIが準備されていて、かつ利用料はAWSの従量課金に上乗せする方になってます。
aiCache Pricing

EC2 の Instance Metadata 短縮URL

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

amazon web services logo
EC2では内部から Instance Metadata というインスタンスの情報を取得可能になっていて、簡単なURLリクエストでデータにアクセスできます。

参考: http://docs.amazonwebservices.com/AWSEC2/latest/UserGuide/index.html?AESDG-chapter-instancedata.html

Twitterを眺めていたらふと @maru_tak さんが「http://169.254.169.254/latest/meta-data/ が覚えにくいので...」とつぶやいていて、確かに自分でも「便利なURLだったけどいつもURL忘れていて検索してたな」と思い出したのでした。

で、あれば、覚えやすくするために... 短縮URL!ということで bit.ly を使って短縮してみました。メタデータ名は壊さず、できるだけ規則的になるよう以下のように短縮してみました。

Security Group を利用して 3tier構成

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

AWSのFirewall機能といえば Security Group ですが、意外にシンプルな機能でプロトコル、アクセス元、ポートのレンジを指定したセットをEC2起動時に指定してアクセス制御を行うしかけになってます。このままでも運用しても良いのですが、AWSブログで3tier構成にする場合の解説があったので紹介します。

suz-lab でも解説があったとおり、セキュリティグループの設定値で Source としてセキュリティグループを指定することができます。これは指定したセキュリティグループからの特定のポートへのアクセスを許可する方法です。

これを利用することで、いわゆる Internet - DMZ - LAN 的な 3tier を作ることができます。AWSブログでは WebSG、AppSG、DBSG というセキュリティグループを作成して、WebSG → AppSG、AppSG → DBSG の接続許可をしてます。API(コマンド)では以下のとおり。

amazon web services logo
昨年秋に公式に発表されて、今年上期に利用開始予定となっていたシンガポールのデータセンターがなんと本日サービスインしました。

AWS Management Console - Asia Pacific

発表によれば、以下のサービスが利用可能になったそうです。ちなみにアメリカ西海岸のRDSは無かったのですが、先にシンガポールで対応してます。

  • Amazon EC2 (Elastic IP Addresses, Amazon CloudWatch, Elastic Block Storage, Elastic Load Balancing, Auto Scaling 込み)
  • Amazon S3
  • Amazon SimpleDB
  • Amazon RDS
  • Amazon SQS
  • Amazon SNS
  • Amazon DevPay
  • Amazon CloudFront

昨日は技術評論社主催のセミナーでAWSの営業かと言われるほど、ecoideasnetの事例紹介で Amazon Web Services の良さを押しまくりましたが、安心してもっと多くの人に使ってもらえるような取り組みができないかということでアイレットと共同で Amazon EC2 の導入から運用までを引き受ける AWS+ というサービスを開始することになりました。

aws-plus.com

ひとまずは小規模な企業や団体への提供を意図していますが、もともと次のような悩みを解決するためにAWS+を作りました。

ecoideasnet - Supported by Panasonic

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

少し前の話になりますがお仕事の記録。

ecoideasnet TopPage

パナソニックと世界中の人々のエコアイディアを集めて共有するサイト、ecoideasnet

クライアントはパナソニック。以前在籍していたビジネス・アーキテクツから呼んでもらってテクニカルディレクターとしてプランニングから参加しました。企画段階ではコンセプトに合うアーキテクチャと連携するサービスの提案、そして開発スケジュール策定と概算費用まとめ。設計段階では採用したプラットフォーム(Amazon Web Serives)に最適なシステム構成立案と協力な開発チームのビルドアップ。開発から納品までは工程管理および品質管理の立場で関わりました。詳細な設計〜実装はアイレットにお任せしてます。

サイトの説明はこちらにまかせるとして、個人的に紹介したいところを書いときます。

【ソーシャルサービスとの連携】
・facebook, Twitter, Google との認証連携
・facebook, Twitter へのアクティビティフィード

このサイト独自に個人情報を取得することなく、既存サービスとアカウント連携し登録が行えます。さらにサイト内での活動を外部へ告知することが可能で、サイトと外部のサービスをうまくつなぎ inbound/outbound の誘導をしやすくしてあります。

【Amazon Web Services を全面採用】
・Amazon EC2, EBS, S3, CloudFront, ELB, Elastic IPs

ウェブサーバーを多重化、アプリデータはEBS、バックアップはS3、スタティックなファイル群はCDNを利用して配信する形を基本として、サイトアクセス自然増はもちろんピークにも対応しやすい構成になってます。

Amazon Web ServicesがDNSサービス開始するかも

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

周囲はAppleの発表を前にどきどきわくわくしている人が多いのですが、自分的にはとても気になる記事を発見。

AWS experimenting with actually supporting DNS for users - The Troposphere

http://itknowledgeexchange.techtarget.com/cloud-computing/aws-experimenting-with-actually-supporting-dns-for-users/

Sharp eyes to Shlomo Swidler, who posted an update to an old thread and an old complaint on AWS - getting lumped into spam blacklists. EC2 staffer "Steve@AWS" announced the availability of a private beta today to institute PTR records for selected users to assist in getting them off real-time blacklists- a standard DNS tool conspiciously absent in AWS.

AWSのフォーラム内でのやりとりをみると、こういうこと。

  1. richpadさんが EC2 を起動して Elastic IP を振ったら IP がトレンドマイクロのDULに入っているのでメール送信できない
  2. dynamic な IP はブロックするのでメールサーバーは static にしないといけないことが判明
  3. Elastic IP は dynamicなのでブロックされてる
  4. ian@aws さんがトレンドマイクロといっしょに取り組むと返答あり(2009/11/17)
  5. ian@aws さんがDULから抜ける方法は逆引き情報を設定するしかないと返答あり(2009/12/4)
  6. Steve@AWS さんが 逆引き設定について個別に対応をすると返答、そしてそれは Private Beta だと表現(昨日1/25)

そして We are working hard on making this a public beta soon. としめられているので、ひょっとしてDNSサービス開始か!?と勘ぐってしまいます。

まー、逆引きのみ対応の可能性もありますが、ともかくメール送信ができなくなるリスクを回避できるならそれは助かりますね。

あ、あとこうあります。

Please send PM to ian@aws if you can't wait for public beta.

今すでに困っている方は ian@aws さんまで連絡を入れると対応してもらえるみたいです。

Amazon EC2でAMI(EBS Image)を作ってみた

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

amazon web services logo
当初S3上のAMIから起動したインスタンスを何とかしてEBSに保存しようとしていたのだが面倒になった(たぶんできない?)ので、EBS AMI から起動してカスタマイズして保存することに。

OSイメージのカスタマイズ内容に関しては調査目的なのでカスタマイズは何でもいいんだけど、触ってみたかったので MT5 をインストールし各種設定完了後ウィザード直前で止めてある状態で保存することにした。

1. インスタンス起動

元にする AMI を EBS AMI の中から選ぶ。今回は amazon 製の fedora を利用する。small タイプを利用するので i386 の方(ami-853968c0)を起動する。

Fedora EBS AMIs

Amazon Web Services メモ

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

amazon web services logo先日とあるクライアントへの提案のために Amazon Web Services について概要説明をまとめたので記録しておく。

2009年12月28日時点では以下の8つのサービスが存在する。(7つの機能+サポート契約)

  1. Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2)
  2. Amazon Simple Storage Service (Amazon S3)
  3. Amazon CloudFront
  4. Amazon Relational Database Service (Amazon RDS)
  5. Amazon SimpleDB
  6. Amazon Simple Queue Service (Amazon SQS)
  7. Amazon Elastic MapReduce
  8. AWS Premium Support

まず主要な3つのサービスを簡単にまとめる。