タグ「cloud」が付けられているもの

クラウドじゃなくて、ユーティリティ化

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:
photo by chotda


(まとまりは無いのですが、ビビっと来たのでメモしておきます)

先日クラウドEXPOに行ってきたが自分がイメージしていた「クラウド」とはかけ離れたいろんな会社やサービスがいて、一方で「帳票!」という言葉も目にして、何だかなぁと思った。彼らの提供するプロダクトやサービスは、自分が考える幸せな環境と全く違うのです。

最近 AWS+ を始めたこともありクラウド導入の話が多くある。ほとんどの場合まずはじめにどういう結果を重視するのか確認しているのですが、最近の案件でよく話す「クラウドを導入すべき大きな理由」は2つあります。完全に従量制になるので需要とぴったり合致したインフラ利用(増減)が可能になり実現する経済性か、もしくはインフラが完全に仮想化・サービス化されていることで手に入れられるスケールアップ/アウト可能な環境なのか。意識的に分けて説明しないと相手のイメージもモヤモヤしたままになってしまうので注意が必要。

ところが最近よくきくホスティングサービス事業者による「クラウド」サービスは、単純にVPSや今までのレンタルサーバー的なサービスの延長上にあるだけで、完全従量課金制のものは皆無だし自由に拡張しようにも手続きがある、リアルタイムに拡張可能なものはプライベートクラウドを買わせられるはめになるものばかり。

はて、なぜ「何だかなぁ」と思うのか、ここでやっと気づきました。

Amazon CloudFront でストリーミングも可能に

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

amazon web services logoなんと Amazon が Adobe Flash Media Server を使ったストリーミングサービスを開始。

Announcing Amazon CloudFront Streaming
Amazon CloudFront, the easy-to-use content delivery service, now supports the ability to stream audio and video files. Traditionally, world-class streaming has been out of reach of for many customers - running streaming servers was technically complex, and customers had to negotiate long- term contracts with minimum commitments in order to have access to the global streaming infrastructure needed to give high performance.

しかも CloudFront にストリーミング機能が追加された形になっていて、難しい設定なしに利用が可能になってる。さらに、なんと、この機能を使うことによる追加料金は一切なく CloudFront 利用時の通常料金(データ流量に対する従量課金)のみで利用可能になっている。

はて、Flash Media Server のライセンス契約はどうなっているのかしら?Amazon向けに特別なライセンス体系を準備したのでしょう、きっと。とはいえ、上乗せしてこないのは良心的。

一番の驚きは利用が簡単すぎること。まだ試してないけど、Amazon S3 にアップして該当する bucket を CloudFront 利用するよう設定しておしまい。ちょっとがんばれば Flash エンジニアがサーバー側の管理者の助け無しにストリーミングを利用した映像再生機能を実現できることになるわけだ。すごいねー。