クラウド環境向けキャッシュソリューション aiCache

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

本日はAWSのパートナー商品を紹介してみます。
aiCache: Web Application Acceleration

今回は、クラウド環境を利用してダイナミックアプリケーションにも対応するキャッシュ製品 aiCache です。aiCacheはAWSおよびRackspaceに対応しており、AWSのSolution Providerのひとつです

Solution Providerでの紹介を読むとアプリケーションサーバーのフロントにaiCacheを入れることで、以下のような効果を得ることができるとあります。

・コスト削減
・アプリケーションをスケール
・システムの安定稼働

(これだけだとすごく普通...)

EC2向けにはAMIが準備されていて、かつ利用料はAWSの従量課金に上乗せする方になってます。
aiCache Pricing


製品の特徴少し読み込んでみると...

Geo-Scale(地理的分散)

・コード修正無しに、スピード10倍、トラフィック10倍
・セッション管理の負担は無し(SSLターミネーション含む)
・地理的なトラフィック分散配信(リアルタイム情報アップデート・レポート付き)

・最大で250,000HTTPリクエスト/秒の性能
・15000セッション/秒環境下において2Gbpsを超えるHTTPターミネーション機能
・ユーザー独自のエッジアプリや統計結果・リアルタイムレポートなども提供
・Global DNSと連動して地理的トラフィックルーティングもサポート

Protect(保護)

・業界で最も進んだDDoSプロテクション
・アプリケーションファイアウォールによりURLベースで攻撃を排除
・PCI準拠のソリューションによりトランザクションを保護

・URLベース以外にも、IPレンジ、ホワイトリスト、インターバルスロットルなどの設定が可能
・最後の手段としてRTATC (Reverse-Turing Access Token Control)を用意(ロボット排除のしくみ)

Manage(管理)

・200以上の項目をリアルタイム監視(アラートの仕組み付き)
・HTTPストリームをバックエンドリソースの状態に応じて最適に配分
・サードパーティAPIのコントロール


軽い気持ちで見ていたのに息切れしてきた。続きは試用してみてからにしよう。ぜーぜー。