本日ベータが取れたAmazon VPCの制限まとめ

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

amazon web services logo
本日8月4日にAmazon VPCのベータが取れてサービス・機能の拡充がされました。Twitter界隈ではさまざまな情報が流れていて、ここで改めて書くのもアレなので、逆張りして、制限についてまとめておきます。

VPCのページを眺めると Other Notes に制限がまとめられてました。

てきとー日本語訳。

  • Elastic Beanstalk、ELB、RDSは今のところVPCでは使えません
  • EC2のSpot Instances、Cluster Instances、Micro Instancesも同様に使えません
  • DevPay paid AMIs(有償型のAMI?)はサポートしてません
  • 1アカウントにつき各リージョンで 5VPC までしか作れません(※@KenTamagawaによれば申請により追加することは可能のようです)
  • 1VPCにつき20サブネットしか作成できません
  • Elastic IPは1アカウントにつき各リージョンで 5個までしか利用できません
  • ハードウェアによる接続は1アカウントにつき10までしか作れません

原文はこれです。

Other Notes

Please note the following about Amazon VPC right now:
- AWS Elastic Beanstalk, Elastic Load Balancing, and Amazon Relational Database Service (Amazon RDS) are not available for use in a VPC at this time.
- Amazon EC2 Spot Instances, Cluster Instances, and Micro Instances are not available in a VPC at this time.
- Amazon DevPay paid AMIs are not supported in Amazon VPC.
- You can have up to five (5) Amazon VPCs per AWS account per Region.*
- You can create up to twenty (20) subnets per Amazon VPC.*
- You can have up to five (5) Amazon VPC Elastic IP Addresses per AWS account per Region.*
- You can have up to ten (10) Hardware VPN Connections per Amazon VPC.*