SSL証明書不正発行の影響で AWS SDK for PHP 1.4.1以前はアップデート必須

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

amazon web services logo
オランダの認証局DigiNotarが不正にシステム進入を受け、さらには不正なSSL証明書が発行されていたことがわかり、業界内が騒然としていますが、認証局情報は身近にも存在するので注意が必要です。

ブラウザなどもベンダーによる対処が進んでますが、AWSにおいても一部影響があるため対応が必要になります。

その一つが認証局証明書 cacert.pem のアップデート。全範囲での調査が終わっているか定かではないですが、とりあえず AWS SDK for PHP 内にある cacert.pem はアップデートが必要とのこと。

Announcement: [UPDATED] Potential SSL security vulnerability. Please read.

9月8日時点で 1.4.2.1 がリリースされているので古いバージョンを利用中の方はアップデートしてくださいませ。

なお、どうしても古いバージョンを利用したい方は cacert.pem ファイルを手動で更新しろとあります。該当する方は対応をお早めに。

If you are still using an older version of the AWS SDK for PHP for one reason or another (versions 1.3.2 through 1.4.1), we strongly recommend that you update the cacert.pem file located at /lib/requestcore/cacert.pem with the latest version from http://curl.haxx.se/ca/cacert.pem.